로그인  회원가입

5人に1人は65歳以上、ますます高齢化
운영자  2005-06-03 13:45:02, 조회 : 1,521, 추천 : 414

5人に1人は65歳以上、ますます高齢化

 政府は3日、2005年版「高齢社会白書」を発表した。65歳以上の高齢者人口は2004年10月1日現在、2488万人で、総人口に占める比率(高齢化率)は19・5%となり、ともに過去最高を更新した。

 高齢化率は2015年に26・0%、2040年には33・2%に達すると見込まれている。

 2004年10月1日現在の総人口は1億2769万人で、前年同期と比べ6万7000人(0・05%)増加したが、増加数、増加率とも戦後最低だった。一方で、65歳以上の高齢者人口は、前年同期と比べ57万人(2・3%)も増えている。

 日本の高齢化率は、1950年には4・9%だったが、その後増加を続けている。予測では、高齢者人口は2020年まで急速に増加した後は安定するが、総人口が2006年をピークに減少するため、2040年には国民の約3人に1人が高齢者となる。

 労働力人口に占める65歳以上の高齢者の割合は7・4%だった。1980年の4・9%から増加を続けており、2015年には11・0%に達する見込みだ。

 年金・医療・福祉などの社会保障給付費のうち、高齢者関係給付費は約58兆円(2002年度)で、全体の69・9%を占めている。
(読売新聞) - 6月3日12時18分更新



  추천하기   목록보기

Copyright 1999-2021 Zeroboard / skin by zero