2006年11月26日 羊の門になるイエスさま。ヨハネ10:1-10
 신복규    | 2006·11·25 20:50 | HIT : 6,190 | VOTE : 521 |
羊はいくつかの特性がありますが、羊は可視距離が短くて約60m位だそうです。60m以上になると、崖っぷちがあるか、獣がいるか全然わからないのが羊です。だから、必ず牧者が前で導かなければならなぱ物です。また、羊は自ら自分を保護する力がないです。馬は力強い後ろの足があり、牛は角があります。しかし、羊は自分を守る武器がないです。だから、羊たちには必ず牧者がいなければなりません。
 
私たち人間も羊と類似の面があります。先を見ることができないことです。私たちの目は発達して顕微鏡で極めて小さなものも分別します。望遠鏡で遠い所の物体である天体まで分別をします。しかし、まことに大事な生命に対しては一寸先も見られないです。

いつ、どこで死の脅威があるか、死の後には何があるのか全然分からないです。もし、わかっても、人間の力では、それに対して何の対策がないのが現実です。だから、私たちの人間にはこの死の問題を解決する牧者が必ず必要です。

それだけではなく、険しい世で生きていく間、私たちの生を脅威する落とし穴がどれほど多いのか分からないです。誘惑が多いです。絶望するしかない瞬間も多いです。自分の力で乗り越えようとしても、手に負えないことがあまりにも多い世の中です。皆さんは何を頼りますか。誰に頼りますか。

頼る所がないのが現実です。だから、人間にも牧者が必要です。その牧者として来られたのが御子イエス・キリストです。テキストに牧者に喩えていイエス・キリストの役目はどんなことであるかを見てみたいと思います。

1.牧者は羊を呼び出します.
本文 3節に “彼は自分の羊をその名で呼んで連れ出します。と言いましした。これは牧者が羊たちと一日を送るために朝、羊をに呼んで連れ出す姿を現わしています。

同じく、私たちの牧者であるイエス様が私たちを一人一人呼んでくださいました。神さまに呼ばれて集まっている群れが教会です。新約聖書の教会という言葉は、"エクレシア"と言いますが、その意味は、特別に神様の呼びに応じた人々が集まった群れが教会です。

テキストに自分の羊をその名で呼んで連れ出します。イスラエルには今も牧者たちが羊に名前を付けると言います。私たちが見る時、すべての羊たちがまったく同じく見えますが、牧者は羊たちの特色が分かって羊たちを区別して名前を呼ぶんだそうです。これは牧者と羊たちの親密な関係を現すことです。

神様は私たちをひとりひとりずつ呼び出しました。Ⅱデサロニケ3:2に、すべての人が信仰を 持っているのではないと言います。すなわち、すべての人が神様に仕えることではなう、すべての人がイエスさまを信じるのではないという意味です。では、どんな人がイエスさまを信じますか。

聖書を見ると、使徒行伝 13:48 永遠のいのちに定められていた人たちは,みな,信仰にはいった。と書かれています。ヨハネ6:65に、・父のみこころによるのでないかぎり,だれもわたしのところに來ることはできない。と言ったのです。  

神様が私たちを呼び出したことは、特別な資格や功労があったからではないです。条件なしにくださる神様の恵みです。私たちに施した神様の一方的な愛です。この大きな恵みをいただいた私たちは永遠なる天国の生命の書に名前が記録されたのみならず、この世に勝つ力を供給されのです。 

2.牧者は先先頭に立ち、羊は付いて行きます。
4-5、彼は、自分の羊をみな引き出すと、その先頭に立って行きます。すると羊は、彼の聲を知っているので、彼について行きます。5しかし、ほかの人には決してついて行きません。かえって、その人から逃げ出します。その人たちの聲を知らないからです。と言っています。

羊を呼び出した牧者は羊たちの先頭に立つと、羊たちはその後に付いて行きます。牧者が山に行けば山に行きます。牧者が川を渡れば羊も渡ります。時には草がない砂漠を通る時もあります。危ない崖やいばらの道を通るときもあります。

なぜなら、牧者は草があるところ、水がある所を知っているから、その所に向かって進むのです。羊はただ付いて行けば良いのです。疲れても牧者に付いて行けば結局良い草と水がある所に着きます。 

私たちの牧者になるイエス・キリストと私たちの関係がこれと同じです。信仰の出発は、イエス・キリストが私たちを知って呼び出すことから始まりました。

そして、イエス様が私に付いて来なさいと言いました。キリスト様に付いて行けば天国があり、幸せさがあり、勝利の人生があり、豊かさがあります。

しかし、時にはその道がいばらの道であるよう見えます。時には、道が狭くて一人で行かなければならないから寂しい時もあります。時には、その道が高くて険しいから大変な時もあります。でも、いくら険しくて、厳しこであってもこの道は行かなければなりません。途中で諦めてしまうと、失敗に至ってしまいます。滅びの道に行くからです。
 
羊が牧者に付いて行くことは、羊に比喩された聖徒たちが牧者に比喩されたイエス・キリストを見習うことを意味します。

3.羊の門になるイエスさま
1まことに、まことに、あなたがたに告げます。羊の圍いに門からはいらないで、ほかの所を乘り 越えて來る者は、盜人で强盜です。

羊には圍いが必要です。そして、門は羊たちが出入りする所です。門がなければ、入ることができないです。ところが、その門は多くなかったです。たっだ一つしかないです。だから、羊には牧者が必要です。牧者は彼らを責任を持って入れるのです。

それでは、ここで言うこの表現は何を意味することですか。
羊の圍いはイスラエルの民族共同体を示します。イスラエル民族は旧約の信仰共同体であって、神様の民でした。

それでは、その民族共同体に入って行くためにはどうすれば良いですか。門を通らなければなりません。その門はたっだ一つだけですが、それは、イスラエルの民で生まれることです。イスラエル民で生まれなくてはその共同体の一員になることができなかったです。ここに羊の圍いの門に対する大切さが現われます。

イエスさまは1と7節で、1まことに、まことに、あなたがたに告げます。羊の圍いに門からはいらないで、ほかの所を乘り 越えて來る者は、盜人で强盜です。7まことに、まことに、あなたがたに告げます。わたしは羊の門です。

 
イエス様ご自分がその門であると言います。その門であるイエスさまを通らなくて入る者は、盜人で强盜であると言います。イエスさまは、イスラエル民族で生まれるのが救いに行く道ではなく、必ずご自分を通らなければならないというおっしゃるのです。 

それでは、その門はどんな門ですか。9節でだれでも、わたしを通ってはいるなら、救われます。また安らかに出入りし、牧草を見つけます。

第一,救いに至る唯一の門は、わたしを通ってはいるなら、救われます。
ヨハネ福音書 14章6節に
「わたしが道であり、眞理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父のみもとに來ることはありません。
使徒行伝4章12節にもこの方以外には、だれによっても救いはありません。世界中でこの御名のほかには、私たちが救われるべき名としては、どのような名も、人間に與えられていないからです。
しかし、世の人々はこれを受け入れようとしないです。むしろ、キリスト教が他の宗教に対して理解しよとしない独りよがり宗教だと批判します。排他的な宗教だと悪口を言います。本当にそうでしょうか。

私たちは他の宗教のリーダーたちに対して人間的に尊敬します。そして他の宗教を持った人々に対しても私たちは喜んで愛しています。しかし、救いの道は一つだけであることを私たちは主張します。  

第二,誰にも開かれている門です。だれでも,わたしを通ってはいるなら,救われますと言います。
イエス様は唯一の救いの門で制限なしにすべての人々を招いています。ユダヤ人だけではなく、異邦人である私たちもを救い出してくださいました。

この門は今も開かれています。しかし、いつまでも開かれていないです。いつかは閉める門です。Ⅱコリント6:2に、わたしは、惠みの時にあなたに答え、救いの日にあなたを助けた。確かに、今は惠みの時、今は救いの日です。

第三,牧草を見つける門
また安らかに出入りし、牧草を見つけます。
安らかに出入りし、牧草を見つけることは、何を意味するですか。  

囲いの門を出入りしながら牧者に付いて綠の牧場にいく羊の幸せな姿を描いてみてください。詩篇23:2に、主は私を綠の牧場に伏させ、いこいの水のほとりに伴われます。イエスさまが私たちをそこに導いてくださいます。

羊には必ず牧者がいなければなりません。私たちの牧者になるため神様がこの世に羊の門になるイエスさまを送ってくださいました。

私たちはイエスさまから呼ばれたキリストの羊です。牧者なるイエス様に付いて行ってその方を見習わなければなりません。そこに生命があり、幸せがあり、勝利があります。また、光栄と豊かさがあるからです。私たちの門になるイエスさまの祝福が皆さんのうえに豊かに注がれますよう祈ります。
 
동경성광교회 신복규선교사입니다.
일본 영혼을 사랑하며,저들을 하나님나라로 인도하고저
이 땅에 온 사람입니다.
하나님께 바르게 쓰임받기를 소원합니다.
     
  2006年12月24日 "その名イエス・キリスト" マタイ1:18-25  신복규 06·12·23 6221
  2006年9月17日 "認められる人" 創世記41:37-45  신복규 06·09·16 6443
Copyright 1999-2020 Zeroboard / skin by GGAMBO